Loading…

スポンサーサイト

Posted by Tommy on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アルビノ・アリゲーター

Posted by Tommy on 22.2011 未分類   1 comments   0 trackback

アルビノ・アリゲーター [DVD]アルビノ・アリゲーター [DVD]
(2000/05/26)
マット・ディロン、フェイ・ダナウェイ 他

商品詳細を見る


『アルビノ・アリゲーター』

原題:ALBINO ALLIGATOR
製作年度: 1996年
監督:ケビン・スペイシー
脚本:クリスチャン・フォード
出演:マット・ディロン、ゲイリー・シニーズ、ヴィゴ・モーテンセン、ウィリアム・フィクトナー


名優ケヴィン・スペイシーの映画監督デビュー作。俳優の監督作というと、思わず自分自身も出演してしまうのが半分お約束事みたいなものだが、この映画にスペイシーの出演は無し。変な勘違いをしていない、その潔さは良い。

が、それと映画の出来は全く別問題。ひょんな事から逃げ込んだバーの中で立て篭もる犯人と人質たちのやりとりは、最初はどんな展開になるか期待をさせながら結構楽しめる。。。。筈なのだが、淡々と進むだけなので、果たしてこの状況から、どのように展開するかと期待は持たせはするものの、そのまま特に盛り上がりも無いままズルズルと進行して、いつの間にか終わってしまったような印象。中盤までは中々の出来だが、残念な事に途中でストーリーが何となく読めてしまう。そうなると、後はスピーディーな展開で一気に走り抜けて欲しいのだが、これが少々ダレ気味。そしてラストとなるワケだが、後味が悪くすっきりしないまま終わりを迎える。全体的に意外性に欠けるという感想だけが残るのみだ。

ホントに惜しいなと思う。意外性のあるキャスティングもいいし、ストーリーも決して悪くは無い。 でも舞台劇のような物語の進め方に荒さや無理が見えるのが惜しい。本当に警察が追ってるのは誰か判ったり、途中からバタバタし始め、え?ええ?という間に終わってしまったような中途半端な感じだ。

結局、この映画は皆の騙し合いごっこというか、秘密ごっこだったワケだね。そして、その中で強い者が弱い者を淘汰し、食い物にして生き延びてゆく。その例えであは結構面白いのだから、密室劇に必要な緊張感、クライム・ムービーに相応しい切れ味や意外などんでん返しが欲しかった。
関連記事
スポンサーサイト

今改めてキャストみたらかなり豪華ですよね!!
しかもウィリアム・フィクトナーってところにケビン・スペイシーの濃さを感じますw

僕も前半は好きだけど後半ちょっとダレた気がして、あと確かチラシに「ラストは衝撃の決断」みたいなコピーをもっと大げさに書いてあったと思うんですが、それが大げさすぐて期待が高まりすぎた分「アレ・・・」みたいな。

でも最近こういうクライム映画は全然作られなくなったので、つい懐かしくなって観たくなる1本です。




2011.07.27 23:21 | URL | ケモリン #QjtTlS4. [edit]


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://cineconfusion.blog.fc2.com/tb.php/14-7556b5b6

プロフィール

Tommy

Author:Tommy
永遠の趣味である映画に対して、変わらぬ情熱を持つTommyです。

独自の視点で映画を語ることが大好きで、いろんな意見交換をしたいとも思っています。スタイリッシュな映画監督の作品は好きで、自分の世界を確立している人の作品にはいつでもハッとさせられます。自分自身も独自の世界を築いて行きたいです。

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。