Loading…

スポンサーサイト

Posted by Tommy on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パルプ・フィクション

Posted by Tommy on 14.2011 未分類   0 comments   0 trackback

パルプ・フィクション [DVD]パルプ・フィクション [DVD]
(2006/06/23)
ブルース・ウィリス、ジョン・トラボルタ 他

商品詳細を見る



『パルプ・フィクション』

原題:PULP FICTION
製作年度: 1994年
監督:クエンティン・タランティーノ
脚本:クエンティン・タランティーノ
出演:ジョン・トラボルタ、サミュエル・L・ジャクソン、ユマ・サーマン、ブルース・ウィルス


タランティーノの映画は好き嫌いがはっきり分かれると作風だと思うが、僕は好きなほうだ。

この映画でも全く他愛の無いエピソードを時系列も滅茶苦茶に独自のセンスでつなぎ合わせ、主人公達の面白おかしいが、とてもお上品とは言えない会話や実に下らないエピソード、やりとりを絡めて、テンポが良いのか悪いのか分からない状態で強引に物語を進めてゆく。

僕が思う「この映画の凄さ」、「面白さ」は恐ろしく単純。「暴力的な犯罪映画」が「爆笑コメディ」として成り立っているその一点だ。

つまりはこの作品、いわゆるスタンダードな犯罪映画が「かっこ悪い」し「無意味だから」と、普通は脚本の段階で端折ってしまうような、映画の「省略の合間」を意識的に寄せ集めて作った映画だと思う。

理想的な「かっこ良い映画」。例えば、無口で、抑制が効いた、無駄な所の一点もないクールな映画を画に描いたような作品には、主人公のカッコ悪い(見せたくない)瞬間は敢えてカットしている。

多分、タランティーノが目を付けたのはその部分。しかも、そんな観点から作った映画を単なる「茶化し目的のパロディ」ではなく、従来の犯罪映画の魅力であるゾクゾクするかっこ良さも損なわずに盛り込みたい。そこから生まれたのが、あの意表を突くオープニングであり、凝った時制の展開だのだろう。

つまりは、古今の犯罪映画の旨味を知り尽くしているからこそ出来た「外し」の面白だ。例えて言うなら、中古品の部品を散々寄せ集めて組み立てたら、まるで観た事も無い新しいスタイルの映画が生まれたって事だろう。

これはその「再発見」こそに、とてつもない価値があるんじゃないかな。単なる「クールなバイオレンス映画」で評価しちゃうのはあまりにももったいない。
関連記事
スポンサーサイト


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://cineconfusion.blog.fc2.com/tb.php/10-bc5e52f0

プロフィール

Tommy

Author:Tommy
永遠の趣味である映画に対して、変わらぬ情熱を持つTommyです。

独自の視点で映画を語ることが大好きで、いろんな意見交換をしたいとも思っています。スタイリッシュな映画監督の作品は好きで、自分の世界を確立している人の作品にはいつでもハッとさせられます。自分自身も独自の世界を築いて行きたいです。

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。