Loading…

スポンサーサイト

Posted by Tommy on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インビジブル

Posted by Tommy on 10.2011 未分類   1 comments   0 trackback

インビジブル ― コレクターズ・エディション [DVD]インビジブル ― コレクターズ・エディション [DVD]
(2003/11/21)
エリザベス・シュー、ケビン・ベーコン 他

商品詳細を見る



『インビジブル』


原題:HOLLOW MAN
製作年度:2000年
監督:ポール・ヴァーホーヴェン
出演:ケヴィン・ベーコン 、エリザベス・シュー 、ローナ・ミトラ


ヴァーホーベン先生の映画は、お下劣で、品の無いのが特徴で(苦笑)、ハリウッド・エンターテイメントの殻を被ってはいるケド、正統派とは道徳観の異なる毒気が好きだ(笑)。

本作の真に身勝手な主人公の悪行は、しでかす事のスケールが小さい分、余計に品がなくて、わからんではないイヤラシさがある。大きな力(?)を手に入れたって、所詮、凡人のやらかす事はあの程度...そこに妙に納得ができて面白い...というか、そんな自分が悲しかったりもして...。

物語の下世話な展開や悪趣味ぶりが酷評されている本作であるが、そもそもヴァーホーベン先生に物語の緻密さや作品の高尚さを期待するなんて無意味な事。科学発展も政治駆け引きも善悪の葛藤も何にも無し! 透明になったら思い切り男の欲望を果たすだけだろ!自分の望みを果たすだけさ! という監督の高笑いが聞こえてきそうだ。

加えて、透明になる過程で見ることが出来る、理科室の人体模型もどきのグロい姿は特筆モノだ! ヴァーホーヴェンの変態趣味丸出しで、自身の下品さを一切隠そうとしない、彼の潔さに乾杯! ユーモアの質量の違いも、過去の「透明人間」モノと比べると一目瞭然。

ある意味、ヴァーホーベン監督は素晴らしい。何が素晴らしいのかって? それは、万人を例外なく「嫌」な思いにさせるところだ。でも実は人間として見てはいけない、やってはいけない、考えてはいけない・・・っていう部分を見せるから、そんな気持ちにさせるワケで、今時「性悪」な部分を赤裸々に表現する人っていないだろう。そこがこの監督の凄いところ。

監督の色が作品全体を支配している作品は結構あるが、結局、そういったタイプの映画はその色が好きか嫌いかで決定してしまう。評価が真っ二つに分かれるのを恐れもしない姿勢は僕は嫌いではない。芸術の質がどうであるのかという話は横に置いといて、創造する人間の(ある意味)真摯な態度さえ見えてしまう作品だ。
スポンサーサイト

プロフィール

Tommy

Author:Tommy
永遠の趣味である映画に対して、変わらぬ情熱を持つTommyです。

独自の視点で映画を語ることが大好きで、いろんな意見交換をしたいとも思っています。スタイリッシュな映画監督の作品は好きで、自分の世界を確立している人の作品にはいつでもハッとさせられます。自分自身も独自の世界を築いて行きたいです。

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。